見直しのためのチェックポイント

保険料と保障額

無料保険相談によりダブって入っていた特約などを見直して、保険料が安くなるのはよろこばしいことですが、いざというときの保障が薄くなり、十分な保険金がおりないのでは困りますよね。

保険には、「貯蓄型」と「掛け捨て型」があります。貯蓄型は死亡した場合には死亡保険金、長生きして満期を迎えた場合には満期保険金が支払われます。

一方、掛け捨て型は、貯蓄に相当する満期保険金が支払われません。その分、保険料が安くなります。貯蓄型に加入すると月々の保険料が高くなるので、保険会社の生保レディに貯蓄型への加入を勧められている人も多いのではないかと思いますが、月々の支払いが苦しいようなら、掛け捨て型にすることで保険料を低く抑えることができます。

貯蓄型にするか掛け捨て型にするかは、保険に加入する人の考え方によります。どちらが得かという視点で考えるのは難しく、その人の金銭感覚や収入状態などに関連してきます。

毎月余裕で支払えるから貯蓄型とも限りません。貯蓄に余裕があるなら、生命保険に頼らずに万が一のときだけの保障で十分、掛け捨て型にしておこうという考え方もあるでしょう。

そういったさまざまな迷いに対して答えを出してくれるのが、ファイナンシャルプランナーです。

 

 

 

マネモ
無料保険相談とは?

 

保険相談の流れ

 

無料生命保険相談ランキング

 

保険相談サービスのご紹介

 

保険相談のメリット&デメリット

 

生命保険無料相談のQ&A

 

FPの選び方

 

生命保険の豆知識

 

ケース別保険設計の考え方

 

見直しのためのチェックポイント

 

失敗しない保険会社の選び方

 

生命保険の種類

 

生命保険の比較方法

 

生命保険選びのコツ

 

生命保険相談のための準備

 

必要保障額の算出

 

用語集

 

生命保険を見直したいけど、無料相談を受けたら加入させられるのでは?と心配な人に、無料相談を賢く利用して家計を節約する方法をご紹介します。 また、生命保険を無料相談できるサイトを口コミからランキングにしてみました