ケース別保険設計の考え方

働いている女性の場合

最近では、経済的に自立している女性が増えており、夫よりも収入が高いケースも珍しくありません。
そのため、その家庭の状況に合わせて生命保険を選択することが大切です。
独身の女性の場合は、そこまで死亡保障を意識する必要はありません。
両親の負担を減らすために最低限、お葬式代やお墓代がカバーできる程度で構わないでしょう。
だからこそ、死亡保障よりも、まず入院・治療した場合のことを考え医療保険をしっかりと選ぶようにしてください。
また、必要であれば、年金・蓄財を意識した保険に加入するのも良いでしょう。
既婚者の場合は、奥様の収入がどのくらい家計に影響を及ぼしているのかを考えてください。
もし、ある程度収入があって、家計に大きな影響を与えているのであれば、もし死亡された時に残された家族は経済的に苦しくなります。
そのため、死亡保障を厚くする必要があります。
これは病気や怪我などで入院された場合も同じような状況になってしまうので、所得補償があるしっかりとした医療保険に加入する必要があります。
そして、最近では子宮がん、乳がんなど女性特有の病気に特化した女性保険が人気です。
万が一のことを考え、女性保険を検討するのも大事なのかもしれません。

 

 

 

マネモ
無料保険相談とは?

 

保険相談の流れ

 

無料生命保険相談ランキング

 

保険相談サービスのご紹介

 

保険相談のメリット&デメリット

 

生命保険無料相談のQ&A

 

FPの選び方

 

生命保険の豆知識

 

ケース別保険設計の考え方

 

見直しのためのチェックポイント

 

失敗しない保険会社の選び方

 

生命保険の種類

 

生命保険の比較方法

 

生命保険選びのコツ

 

生命保険相談のための準備

 

必要保障額の算出

 

用語集

 

生命保険を見直したいけど、無料相談を受けたら加入させられるのでは?と心配な人に、無料相談を賢く利用して家計を節約する方法をご紹介します。 また、生命保険を無料相談できるサイトを口コミからランキングにしてみました